ムダ毛の処理。

仕事の関係上、ムダ毛や抜け毛には細心の注意を払っています。何分にも肌が弱いので脱毛サロンや脱毛器などを使う事ができません。なので家で風呂に入った 時にカミソリで剃る、というのが私の方法です。やり方も一般的なやり方で特に特別な事をしているつもりはありません。カミソリを当てる部分を石鹸で泡立て てゆっくりと刃を当てて剃っていきます。残らないように何度も確かめてお湯で流した後、水気をしっかり取ってから最後にガムテープで残っていないか確認し ます。皮膚に当たって引っ張られる程度なら痛みは感じないので脇の毛も同じ方法でやっています。

こちらは残っている事が多いので剃り残しを見付けたら毛抜 きで抜いてからガムテープです。古典的な方法ですが、下手にサロンに行ったり機械を買って使うよりも確実だと思っています。ただ、カミソリを当てる時も利 き手以外だと怪我をする可能性もあるのでそこは注意しないといけません。慌てずゆっくり、時間には余裕を持ってやる事が大事です。石鹸液も長く時間がたつ と渇いて逆に滑りが悪くなるので小さな個所から順番にやる事が大事だと思います。

あまり神経質になりすぎてもいけないのでほどほどにやるようにはしていま すが、毛はすぐに伸びるので二日か三日に一度はカミソリを当てています。伸びたかどうかを確認するのは目視ですがガムテープを当てるのもいい目安になりま す。カミソリも当てすぎると皮膚の薄皮が剥けてしまい湯に入ると染みるのでこれもやりすぎには注意です。薄皮が剥けた状態でいるのは毛が伸びているよりも 衛生上よろしくないので、カミソリが苦手な方にはT字のカミソリをお勧めします。この方が刃も剥き出しではないし間違って皮膚を切り裂いてしまう心配も軽 減されると思います。それでも使い方を間違えれば皮膚は簡単に傷付いてしまうので慣れるしかありません。夏の間だけ、とか月に一度くらいの処理でいいと言 う方はT字カミソリがいいのではないでしょうか。